るろうに剣心「京都大火編」予告を見て

まだ映画は8月1日からだというのに、予告を見ただけであまりにも興奮したので書いてしまいます。

映画「相棒Ⅲ」を見に行ったら、るろうに剣心の「京都大火編」の予告が放映されまして、ギャー!!と思わず心の叫びをあげてしまいました。
それほど、ステキだったのでした!

予告は公式サイトのほうでも、既にアップされていますけど、やっぱり大画面で見ると迫力が違う!
まあDVDで見ればいいか・・・というわけには、この「るろうに剣心」映画はいかないんですよねー。大画面じゃないと、剣劇シーンの迫力は味わえません。

で、今回、私が声を大にして言いたいのは。

神木隆之介くんの瀬田宗次郎くんが最高です!!

ということです。

キャスティングしてくれた人にお礼をいいたい。神木くんの顔、雰囲気、体、ぜんぶが、宗次郎くんにぴったりなのです!
佐藤健くんの剣心へのはまりっぷりもびっくりだったけれど、神木くんの宗次朗くんぶりにもびっくりですよ!もちろん、剣劇シーンもすごい!でも、予告では、あの「縮地」がどんな感じなのか見れなかったけれども。いやー、楽しみですね~。

それに
志々雄真実=藤原竜也
四乃森蒼紫=伊勢谷友介
の二人もド迫力。イメージどおり。

藤原くんは志々雄役にはちょっと上背が足りないのでは??と思っていたけれど、見ると全然背がどうとかこうとかそういう問題ではありません・・・。大変失礼しました・・・・。もう、藤原くん、志々雄様そのものです・・・。
藤原くんの演技達者ぶりは定評ありますからね。

レギュラー陣も頑張っていますが、やっぱり、私はどうも、高荷恵=蒼井優が、なじまないな~。なんかイメージちがうな~。

斉藤一=江口洋介は、前回は江口さんがちょっと(斉藤一役にしては)肉が付きすぎているところ、顔が細長くないことが不満でした。しかし、今回は、見事に細長くなっております。斉藤一に断然近づいています。江口さん、ダイエットでもされたのでしょうか。

相楽左之助=青木崇高、神谷薫=武井咲の二人は、もう、安定の準主役。
京都へ去る前に、剣心が薫ちゃんに別れを告げる
「今までありがとう。そして、さようなら・・・」
の名シーンもありますよ!!

そして、そして、緋村剣心=佐藤健は、もう大殿堂入り!健くんでなければ、るろうに剣心の実写版はこれほど評価が高くならなかったと思うし、続編もできなかったと思うよ(ヤマトやガッチャマンの実写版と比較してみれば、その違いは一目瞭然・・・)。まあ多少、女関係が派手でもいいです、これだけ、剣心役を見事に演じてくれるならば。どんどん肉食系でかまいせん、私は・・・。
健剣心の髪の赤っぷりもますます冴えて、8月1日の映画公開が今からとても楽しみです!

京都大火編の原作は、単なる剣劇戦闘アクションではなく、それぞれの人間が幕末から抱えているものへの、それぞれの「こたえ」を見つけ出す、けっこうシリアスで、そしてその後の物語へ続く一筋の光を見出すものなので、ぜひ、登場人物の心理描写にも期待したいところです。






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック