すごいです!「るろうに剣心 京都大火編」

圧倒!満足!でした。

第一作と同様、佐藤健くんは原作から抜け出してきたような剣心ぶり。「おろ」もサマになってます。お話は、大久保利通が暗殺されて、剣心が京都に向かい、志々雄真実と対決することを決意する剣心。しかし、志々雄の腹心、瀬田宗次朗との戦いで逆刃刀が折れてしまい、もう一度幕末に逆刃刀をくれた刀匠、赤空のもとに・・・。そこに東京から、薫と弥彦が追いかけてきて・・・。

ということで、志々雄との本格的な対決を前の前哨戦って感じの京都大火編。原作にわりと忠実に作られてました、ラストのあたりをのぞけば。

それに、登場人物たちが、もう、すごい。原作のキャラクターに、よくぞここまで似せました!という人たちばかり。佐藤健くんの剣心役のはまりっぷりはもう殿堂入りとしてですね、他のキャラはもうすごいです。たぶん、一番似ていないのが、武井咲演じる神谷薫ではないだろうか?(いえ、好きですけどね、武井さんの薫ちゃん役)。
今回一番はまっているのは、相楽左之助役の青木崇高さんですね!前作を上回るレベルの左之助ぶり!もう、左之助そのもの!ただ原作のキャラを真似しているのではなく、青木さんが左之助になりきったというか。とにかく、すごいです。

役になりきるといえば、原作のキャラが憑依したような、鳥肌たつような、なりきりっぷりを発揮したのが、瀬田宗次郎役の神木隆之介。いや、すごい。もう、神木くんと宗次郎が同一人物に見えます。神木くんは、宗次郎役を演じたいとずっと思っていたそうです。原作をお読みの方はご存じと思いますが、宗次郎は新選組の沖田総司をモデルにしたキャラクターで、剣心と同様、幕末の狂気をその内に潜ませ、でも剣心のように罪の意識はない。その理由は彼の幼少期にあるのですが。るろうに剣心の原作の中でも大きな意味のある複雑な敵役なのです。宗次郎は縮地という、ものすごいスピードの剣術を使うのですが、映画の中で縮地は見事に表されていました!剣心と宗次郎くんの闘いはすごいですよ!宗次郎くんが斬りこむ前に、片足をあげて、とんとんと、地面から軽く跳ねるのですが、神木くんはそれもばっちり表現!神木くんは相当剣術を練習したそうです。なんか、この入れ込みっぷり、はまりっぷりは、神木くんのこれからの役者人生を大きく変えてしまいそうな、そんな気がしました。

それから、きっと皆さん驚くと思うのは翁役の田中泯の筋肉むきむきの肉体と激しいアクションです。いや、田中さん、そのお年で、そのようなワザを!!四乃森蒼紫(伊勢谷友介)と翁の死闘はもうすごいですよ!
つまりですね。今回もキャラがぴったりで、いきいきしてて、しかも漫画が原作なのに実写化しても無理がない。すごいですね~。

最後に、福山雅治が出てきます。謎の男として。これは、たぶん・・・「師匠」ですよねえ。


そして剣劇アクションシーン。前作を上回る迫力とスピード。しかも、今回は剣心だけではなく、他のキャラたちの剣劇シーンもすごいかわけですよ。みなさん、相当練習したと思います。刀って抜刀もワザが必要ですが、納刀はもっと練習が必要なんですよ。私は細々と居合の練習を続けていますが、納刀がいつまでもうまくなりません。サマにならないというか。鞘のほうを見ないと、スムーズに刀が納まらないのです。佐藤健くん演じる剣心は、今回、刀をくるくるっと回して、さっと納刀してましたからね~。尊敬です・・・。


お話としては、原作にほぼ忠実と書きましたが、原作と明らかに違う、というか監督さんが意識的に違うようにした箇所がいくつかありますが、私は、原作よりも映画のほうが好きです。というか納得感あります。

★★★ここからネタバレです★★★

まず、剣心が京都に行く決心をする過程。大久保利通の暗殺がきっかけではあるのですが、それだけでは弱いなあと思っていたのですが、映画では、剣心が、巴がいいなづけの遺体に泣きすがる幕末時代(そのいいなづけは剣心が斬殺し、頬の十字傷の原因になったのですが)を思い出すシーンがありまして。これは剣心の心情をよく表していると思いました。
それから、ラストに、薫ちゃんが志々雄一派にさらわれて、嵐の海に消えちゃうのですが、これは原作にはまったくないですね。これが第三作の「伝説の最期編」につながるのでしょうが。今回、剣心と薫ちゃんのラブラブなシーンは、「さようなら」のシーンしかなく、二人の心情とか、お互いへの思いとか、そういうものの細やかさはなくて。少し残念でしたので。でも、考えてみれば、原作は少年漫画ですから、もともとこういう恋愛の細かい心理描写はなかったんですけどね。この映画のラストでの「薫殿!」と剣心があわてまくるシーンは、剣薫カップルが好きな私にはツボでございました。

とにもかくにも、映画館で見るべき作品ですね、これは。剣心×宗次郎の戦闘シーンは大画面で見ないと。
第三作は9月13日から公開です。楽しみですね~。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • るろうに剣心 京都大火編 : 前作を凌ぐ傑作映画!!

    Excerpt:  朝日新聞、右翼の方、共に香ばしいですなぁ。慰安婦問題に関しては、肯定も否定もできないですよ。お互い、冷静になるべきだと思いますが。まあ、こんなことは置いておいて、本 Weblog: こんな映画観たよ!-あらすじと感想- racked: 2014-08-09 16:35