「敗者列伝」伊東潤 実業之日本社

画像


日本史の中で敗者になった武将達の生涯と、なぜ敗者になったのかの理由と考察をまとめた短編集。
ちょっとビジネス本っぽいところ、説教くさいところはあるのだけど、伊東さんの考察はなかなか鋭いなあ~てうなづく所もあります。
取り上げている敗者は、古代から西郷隆盛まで、幅広く網羅。全部読むと、日本史総ざらいって感じ。
私が特に面白いと思った敗者のお話は・・・
◆蘇我入鹿
◆天草四郎
◆西郷隆盛
◆桐野利秋
です。

蘇我入鹿は中大兄王子に殺されちゃうわけですが、入鹿とその父、蘇我蝦夷との関係がとても興味深い。
天草四郎は島原の乱の主役というか首謀者にされちゃった少年ですが、本当のところは・・・という話が切ないながらも面白かったです。
西郷さんと桐野利秋(中村半次郎)の話は、要は西南戦争の話なわけですが、この二人の愛憎関係はいろいろ書かれていますが、結局西郷さんがどうすべきかを一番理解していたのは桐野どんだったかもしれないなあ、西郷さんは西南戦争がなくても、あるいは西南戦争で死ななかったとしても、はやり不幸な老後が待っていたかもしれないあと、思いました。

ただ、伊東さん・・・各章各章で、自分の作品のアピールがすごくて(笑)。二言目には拙書○○○を参照されたいって書いてあるんで(笑)。それがまあ、ちょっとね・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック