NHK大河「花燃ゆ」

(今後どうなるかのネタバレあります)

初めの数回は面白くなくて、あ~・・・って思っていました。が、最近、面白くなってきました。そう、私の大好きな高良健吾が演じる高杉晋作が登場してきた頃から。高良健吾さん、高杉晋作役がぴったりですね~。私としては総髪のほうが好みだったのですが。まあ、そのうち、斬バラ髪になりますからね。司馬遼太郎さんの「世に棲む日々」の高杉晋作のイメージを期待しています。そして、血を吐いて死んでしまうのですよね、維新がなる少し前に。高良くんがそれをどう演じるか、楽しみです。

そして、お話自体ももう少しするともっと面白くなると期待。なぜなら、ここから蛤御門の変までが、長州史では最高に面白いですから。面白いといっては語弊がありますけど、展開がとてもドラマティックですから。

でも、主人公が井上真央演じる松陰の妹、杉文、でしょう。この文が、すぐふてくされて、なかなかイライラさせられるのです。井上さんの演技自体がけっこうじめつき系で、はきはきしていないので、私は今一つ好きになれないのですが、しかし、文さんは何といっても久坂玄瑞の奥さんですからね。久坂玄瑞は幕末のヒーローの一人ですからね。そして幕末のヒーローたちがみんな死んでしまっても、文さんは明治の世までずっと生きますからね。このドラマの狂言廻しの役ですね。私的には玄瑞さんの今後のドラマティックな短い生涯に、どう文さんが絡んでいくのか、そういう視点からみていこうと思っています。

玄瑞さんを演じているのは東出昌大ですが、彼もぴったりですね。玄瑞さんは背が高くて色白で美男子で、文部両道で生真面目で熱い男だったそうですから。

松下村塾にどんどん人が集まってきていますが、見ているとなかなか切ないのです。だって、これから幕末に向かって、松陰先生はもちろん、塾生がどんどん死んでいくし、明治維新後も死んじゃうことがわかっているので、あ~この人もうすぐ死んじゃうんだなあって思ってみると切ないのです。

日本の幕末って、とんでもないエネルギーが生まれて爆発した時代。そのエネルギーのグランド・ゼロが松下村塾ですからね。これから、エネルギーが集約され暴発する様がどう描かれていくのか期待しています。
そして、できれば、京都で新選組が登場してほしいです。


"NHK大河「花燃ゆ」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント