テーマ:土方歳三

「だんだらごはん」 殿ヶ谷美由記 講談社

ここがどんなに居心地がいい場所でも それだけじゃねーか このままここでただ歳だけ取って死ぬなんて 俺はやだね 俺は京で戦う 武士になる これも新選組物コミックス。 うれしいですね。時代がどんなに変わろうと、新選組が活躍した時代から150年もの月日がたとうとも、どんどん新しい新選組作品が生まれてくる。小説だったり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「星のとりで 箱館新戦記」 碧也ぴんく 新書館

柄杓星はどこにいても見える 銀はそれを見たら思い出せ その下で戦っている我らのことを すいぶんご無沙汰してしまいました。久しぶりに新選組ものでこの先が楽しみな作品に出合ったので紹介したいと思います。 なぜこんなに更新が滞ったかというと、公私ともに忙しかったということもありますが、最近これぞという時代小説に巡り合えず、NH…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「新選組の舞台裏」菊池明

ずいぶん更新が滞ってしまいました。 公私ともに忙しかったり、韓国時代劇のほうに夢中になっていたり、NHK大河「真田丸」がいまひとつ楽しめないなどなど、言い訳はいろいろありますが。こういう時は私の原点、新選組へ回帰。 「新選組の舞台裏」はノンフィクション(98%はそう思います)。いろいろな物証をもとに、新選組の意外と知られていない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「土方歳三」 富樫倫太郎 角川書店

「馬鹿野郎!」 いきなり歳三が総司を怒鳴る。 その瞬間、歳三の目からどっと涙が溢れる。 その涙を拭おうともせず、 「おれも大馬鹿野郎だ!」 「わ、わたしは・・・」 総司の目からも大粒の涙がぽろぽろこぼれ落ちる。 「その大馬鹿野郎が大好きなんですよ!」 「箱館売ります」「松前の花」でとってもすてきな土方歳三を描…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「レトロ・ロマンサー弐 いとし壬生狼」 鳴海章

「猫はいいな。人斬りの手で撫でても逃げようとしない」 (by沖田総司) これは、歴史SFともいうべきジャンルですかね。 主人公の桃井初音さんは、古い物に触ると、その過去へ意識が飛んでしまうという、意識だけタイムトラベラーのような能力があります。ァw)?ロストコグニションという能力だそうです。彼女が新選組ゆかりの古い備忘録に触れ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「土方歳三無頼控 六 バラガキ・旅立」潮美瑶 文芸社

近藤勇三十歳、土方歳三二十九歳、そして沖田総司は二十歳。早春の街道を明日に向かって歩いて行く。 とうとう、この巻で、土方さん達、京都へ旅立ちます。 ということはこのシリーズもこれで終わりということですかね。京都に行って、新選組副長になった歳三様には、もう総司くんと組んで探偵ごっこをしている暇はないでしょうから。新選組としての…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「土方歳三無頼控 五 バラガキ・苦悩」潮美瑶 文芸社

十年後、俺はどうしているだろう? (中略)あれから二年、俺は少しも変わっていねえ。今春、看また過ぐ・・・。 とうとう五巻まで来ましたね。この巻で沖田総司が十八歳になりますから、京都で新選組として活躍する時まであと約二年。まだまだお話が続けられそうですね。しかし、潮美先生、新聞連載並のスピードで続きを刊行されますね。すっかりこの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「土方歳三無頼控 四 バラガキ・慕情」潮美瑶 文芸社

「俺ア三多摩一のバラガキだ。大名相手に喧嘩して死ぬなら本望だよ。一万石、いや、十万石を道連れにして地獄へ行くさ」 歳三はさらりと笑った。死ぬ覚悟ならとうに出来ている。 続きが読みたいな~って思っていた「土方歳三無頼控」の四がでました!まだまだ、京都に行くまでには期間があるので、この後も続きが読めるかな?と期待しております…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「土方歳三無頼控」二・三 潮美瑶 文芸社

見果てぬ夢に惹かれて地獄の業火に飛び込んで行く。だが、それでもいいじゃねえか。たった一度の人生だ。一つの夢に命を懸ける。それも漢(おとこ)の生き方だ。 (土方歳三) 一巻に続き、二巻「覚悟」、三巻「奮闘」を読み終わりました。面白かったですねえ。 特に二巻が面白かったです。 半七捕物帳の土方歳三バージョンのような味付けは変…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「土方歳三無頼控 一 バラガキ・参上」潮美瑶  文芸社

総司はどういうわけか内に凄みを秘めた優男の歳三が幼い頃から好きだった。試衛館の内弟子になってからは、歳三が来る度に稽古の相手をせがみ、許される限りどこへでもついて行った。歳三は渋い顔をしながら追い払うこともなく、総司の好きにさせておいた。 これはいい! この本を読み始めてすぐ、私は新選組モノの快作にであったと確信しました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「泣きうた 幕末 侍たちの三十一文字」画・ししゃも歳三 文・今川美玖 メディアファクトリー

「動かねば 闇にへだつや 花と水」沖田総司 幕末に活躍した人達の残した和歌や俳句を、漫画で説明しながら紹介している本です。和歌や俳句の解説もついているので、読みやすいです。新しい取り組みですねえ。紹介されているのは幕末好きなら皆が知っている人たちばかり。 巻頭は新選組の沖田総司くん。「動かねば・・・」は総司くんの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「土方歳三散華」広瀬仁紀 小学館文庫

後世の人はなんとでもいえッ。この土方歳三は、新選組副長として戦い、近藤との節義に殉じてみせるぞ! 私にとって広瀬さんといえば「沖田総司恋唄」です。私が初めて読んで新選組ものでした。この「土方歳三散華」は土方歳三様の、池田屋事変後から、五稜郭で戦死するまでの生き様を描いたもの。沖田総司が池田屋で血を吐いて、自分がどうも労咳らしい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「紅の肖像  -土方歳三―」 遊馬佑 文芸社

「勇さん、あんたと俺と総司は、同じ蓮の上に咲いた命、ってやつだ。前世でも現世でも、そして来世でも、俺たちは同じ蓮の上に咲く」 戦って戦って戦いぬく男、土方歳三。鬼のように書かれることが多い歳三様ですが、実際にはいろいろ悩んだり、揺らいだり、落ち込んだり、弱気になったり、泣きたくなったりしたでしょう。そういう人間らしい悩みの部分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「松前の花 土方歳三 蝦夷血風録」上・下 富樫倫太郎 中公文庫

伊庭「最後にこう言いましたよ、『土方さまなら、きっと私の気持ちをわかって下さると思います』と。そう言い残して、敵陣に駆け込んでいきました。それが蘭子さんを見た最後です」 土方「そうか」 土方はうなづき、それきり黙り込んだ。 「箱館売ります」の富樫倫太郎さんの「土方歳三 蝦夷血風録」第二弾。この本もよかったです・・・。こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「総司 炎の如く」 秋山香乃 文春文庫

「武士の本懐は死ぬことと心得たり」 この意気込みで新選組は、価値観も政体も目まぐるしく変化する幕末という時代を突っ走ってきた。それは転変する周囲とは無縁に不動の理念であり、総司たちの「誠」であった。 「歳三往きてまた」の秋山さんの沖田総司版新選組です。 沖田総司の少年時代から千駄ヶ谷で逝くまでの人生を細かく描き出しています…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「箱館売ります 土方歳三蝦夷血風録」 富樫倫太郎 中公文庫

「おれが考えているのは、その土俵の中で、おれも武士として死にたいってことだ。武士ってのは死に際が一番肝心だから、どうすれば、このきれいな土俵の中できれいに死ねるかってことをいつも考えているわけだ。近藤や沖田はあまりいい死に様じゃなかったようだから、あいつらの分までおれが武士らしく死んでやろうと思うんだ」 (中略) 鉄之助はもう口を開…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「誠を生きた男たち 歳三と総司」 河原総

「俺の命はお前の命、お前の命は俺の命。いいか、それを決して忘れるんじゃあねえぞ」 (歳三様→総司) こんなスバラシイ新選組本を、今まで読んでいなかったなんて!私のばかっ!! そう思いました。復刊ドットコムさんが復刊してくれました。復刊ドットコムさん、どうもありがとう!! 私は土方歳三様が好き。そして歳三様が好きな人はた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

劇場版 薄桜鬼 京都乱舞

時代に討たれても 共に歩く 信じてゆく ただ 貴方を (主題歌より) 土方歳三様、かっこいいっ!もう、それに尽きます。 ↑映画館に行きますと、このような絵葉書がもらえます、それぞれのキャラ絵もあり8枚組。 TVアニメ版の総集編かと思っていたら、かなりのバージョンアップ!新エピソードたくさん!殺陣シーン満載!そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土方歳三まんじゅう

多摩の高幡不動の前にある松盛堂というおまんじゅう屋さんが、作っているのが土方歳三まんじゅう。会社の同僚が高幡不動近辺に出かけたので買ってきてもらいました。高幡不動に歳三さまの銅像がありますし、あのあたりは新撰組理心流ゆかりの土地ですからね。このまんじゅうはパッケージも歳三ファンには涙もの。包み紙に歳三様の辞世の句(といわれている)が載っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「輪違屋糸里」上・下 浅田次郎 文藝春秋

「御身、お大切にしとくりゃす。お役に立てるのどしたら、何でもいたしますさけ。わてのお願いは、それだけどす」 難しい土方歳三さまでした・・・。どう解釈していいのやら。 新選組初期の頃のお話です。芹沢鴨を暗殺するまでの土方歳三さまの暗躍と、それに輪違屋の天神、糸里がからみ、鴨さんの愛人、菱屋のお梅さんもからみ、話は展開していきま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「土方歳三」大内美予子 新人物往来社

近藤さん、一緒に来てくれ、新選組の連中を一人残らず連れて‐馬の速度を上げながら、俺は心の中でつぶやいていた。 大内さんの「沖田総司」と対になる本ですね。土方歳三さまの、流山以後の闘いを最期まで描いています。だから、沖田総司さんは回想の中にしか登場しません。近藤さんともすぐに別れがきます。つまり、この本は歳三さま一人の闘いを描い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時代劇法廷 「土方歳三」

俺は戦っていたかった・・・子供のころ、庭に矢竹を植え侍になると決めたときから、俺の死に場所は戦場と決めていた・・。 不覚にも、泣いてしまったじゃないか。 時代劇専門チャンネルで放映されている時代劇法廷シリーズ。いろいろな歴史上の人物をとりあげて、その人物の「罪」を、時代劇検察官である渡辺いっけいが法廷で糾弾するというドキュメンタ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「凍鉄の花」 菅野文 花とゆめコミックス

「お前がいねえと、俺あ前に進めねえじゃねえか」 「北走新選組」を描いた菅野さんの新選組コミックス二冊目。今回も歳三さまが主人公ですが、沖田総司くんもかなりでばってます。しかし、歳三さまと沖田くんの仲というのが、衝撃の設定でして。(ここらネタバレふくみます!)沖田くんのお父さんを歳三さまがソレと気づかず斬殺してしまった、それを幼い沖…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「新選組風雲録」全五巻 広瀬仁紀 時代小説文庫

「生来英才にしてあくまで剛直なりしが、年の長ずるに従い温和にして人の帰すること赤子の母を慕うがごとし。」中島登 「歳三は鋭敏沈着、百事を為す雷の如し、近藤に誤謬なきは、実に歳三ありたればなり。」 松本良順 洛中篇、激斗篇、落日篇、戊辰篇、函館篇の5冊。新選組副長土方歳三の生涯を余すところなく描いた、広瀬さん渾身の新選組モノ。歳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「土方歳三・孤立無援の戦士」 新人物往来社編

本書は女性ばかりの集である。皆が土方歳三に恋をしている。だから歳三のどんなことでも知りたい。いつ、どこで、どんな思いで生きていたのか、を知りたい。いわば、本書は歳三に捧げる恋文ともいえよう。(あとがきより抜粋) 冒頭のフレーズは、この本の作者の一人でもある横山登美子さんのあとがきの一部です。わかります、その気持ち・・・。私も15歳…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

続・ヒジカタ君!

北海道の函館で入手できるヒジカタ君グッズ。会社の同僚にまた買ってきてもらいました。ヒジカタ君グッズ、プロダクトレンジがどんどん拡大しています!今回は、油トリ紙にまで!!ミニバッグに、マグネットも。土方歳三さま、死してもなお、活躍してます!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

続・土方歳三グッズ

またまた、函館の土方歳三さまグッズを入手!函館に出張に行った会社の同僚からいただきました。今度はあんぱんだ!!・・・歳三さま、死してもなお、函館経済に、日本経済に貢献す。エライです・・・。北海道産のあずきがたっぷり入ったおいしいあんぱんでございました。 もう一つはワイン。その名も「果て無き夢」。スパイスがきいた赤ワイン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒジカタくん!!

会社の同僚が函館に出張した時に買ってきてくれた「ヒジカタくん」グッズ。ファイルとメモ帳。土方さんが、函館案内してます・・・。土方さんと一緒にデフォルメされているメンバーは、一緒に函館戦争を戦った仲間ですね。榎本武揚さん、大鳥圭介さん、島田魁さん、市村鉄之助くん。永井さんもいるかな?しかし、戊辰戦争から150年たって、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「土方歳三の35年」 菊池明 新人物往来社

歳三の函館にあり、歳三ひとりみずから粗食に甘んじ、婦人を近づけず・・・ 歴史読本クロニクルの臨時増刊号1998年12月号です。土方歳三ファンなら必携の歳三さま全網羅ハンドブック。私は念のため二冊持っています。歳三さまの生涯を豊富な現地取材と史料によって解説。日野篇、京都時代篇、江戸・会津時代篇、蝦夷時代篇、と。ていねいに歳三さ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「北走新選組」菅野文 花とゆめコミックス

美しすぎる歳三さま・・・ 薄桜鬼コミックスのことを書いたので、同じ新選組ものの漫画の白眉を。菅野さんは新選組が大好きで漫画家になったら必ず新選組モノを描こうと思っていたそうです。菅野さんの新選組への愛情や思いいれがじわじわ伝わってくる漫画ですが、タイトル通り「北走」ですから、京都から江戸に戻り、その後北へ北へと戦いを続…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more