テーマ:海音寺潮五郎

「西郷と大久保」海音寺潮五郎 新潮文庫

西郷は征韓論には負けたが、世に勝っているからだ。彼ほど国民に追慕されている人物は歴史上ないのである。 この話だけは絶対書いておかなければならない。そう心に決めているテーマが作家には必ずあるものだそうですが、海音寺さんの場合は、この西郷隆盛の史伝こそ、書かなくては死んでしにきれない、そういう思いを抱えていたのでした。薩摩隼人であり、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「乱世の英雄」海音寺潮五郎 文春文庫

西郷はもともと悲劇的な人物だ。彼の生涯はどの部分を切っても小説的だ。 海音寺先生の歴史随筆をいろいろなところからひっぱってきてまとめた短編集です。戦国武将から、宮本武蔵から、兵法の話から、様々に話題が飛ぶ短編集なのですが、この本の真骨頂は西郷隆盛のことを書いた「西郷南洲の悲劇」と西南戦争当時の筆者の縁者が経験した実話を書いた「西郷…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人斬りたちの最期-三刺客伝 海音寺潮五郎「幕末動乱の男たち 下巻」(新潮文庫)より

「(攘夷主義を捨て去ることは)出来ませんなあ。そうしては、攘夷の達成を信じ、達成のために死んだ同志に申訳がなか。あんたは時勢が変わったと言われるが、時勢は少しも変わっておらん、変わったのは政府の諸公の心だけですたい。わしア、そぎゃん人達とは違いますたい。」(by河上彦斎) このまえこのブログで紹介した海音寺潮五郎先生の「幕末動…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「幕末動乱の男たち」 海音寺潮五郎 新潮文庫

血は人を狂わせるものだ。 海音寺先生の幕末テーマの史伝。有名どころからけっこうマイナーな方まで(いえ、幕末ファンにはマイナーではないのですが)、幕末に活躍・暗躍した人たちをとりあげている短編集。寺田屋事件の「おいごと刺せ!」のセリフが有名な有馬新七とか、新選組を結果的に作っちゃった清川八郎とか、最期が超お気の毒な小栗さんとか。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「田原坂」海音寺潮五郎 文春文庫

「正義とは一体なんだろう。ここで戦って、互いに殺し合って、あんなにもたく山死んで行った人々は、共に自らの正義を信じていた。そんな正義に、何の意味があるのだろうか。・・・・間違いのないのは、自然の生命力だけだ。わずかに一月の間に、あの地獄がこの満目の緑の世界にかわった・・・」 西南戦争にかかわる小説集。もう、この本ほど、当時の薩…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

「悪人列伝」海音寺潮五郎

●●●「悪人列伝」 海音寺潮五郎 文春文庫●●● 「人間は生涯天才であり、英雄であり、清潔であることはむずかしいものと見える。」 海音寺潮五郎さんの史伝、「武将列伝」と並ぶ名作です。全四巻。かって絶版になっていたので、神保町の古本屋でこのセットを見つけたときは狂喜乱舞しました。世の中に「悪人」と呼ばれている歴史的登場人物…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more