テーマ:時代劇

真田丸第10回「妙手」

(ネタバレあります) ややこがっ!? 今回一番びっくりしたのがこれ。真田幸村(信繁)にコドモが?!梅さんのお腹に!そして、梅さんを妻にしようと・・・。 あれ??幸村さんって、後に豊臣方の勇将の一人になる大谷刑部の娘を妻にもらったはずだけど・・・。それが、豊臣側に幸村さんが味方した理由の一つだったはず・・・。 てっきりヒロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真田丸第六回「迷走」

悪いやつら。 戦国版。 ってとこですね。 織田信長が本能寺で明智光秀に倒され、さて、どうしよう?と戦国時代の各地の武将たちは考えます。真田家も誰につこう、どうしようと逡巡。そのうちに、明智光秀が山崎の戦いで敗死した知らせが入り。 今回は多分次回へのつなぎ回だったと思うので、大きな動きはなかったのですが(松姉さんが一瞬死ん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHK大河「真田丸」第五回「窮地」

久しぶりの更新になってしまいました。 うちの事情でしばらくブログどころではない日々が続きまして。2016年になってやっと事態が平常運転モードになって、落ち着いて時代小説・時代劇を楽しむ環境が戻ってきました。 それに、はっきりいって期待していた昨年のNHK大河「花燃ゆ」が面白くなかった。幕末維新モノなのにホント、面白くなかった。高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花燃ゆ「妻のたたかい」

禁門の変!です。 幕末史のクライマックスの一つです。 しかし、しかし、またもや、「花燃ゆ」は、この幕末クライマックスをホームドラマにしてしまった・・・。 私はそれが残念です。 禁門の変は、長州藩が朝敵に落ちた幕末史の一大ターニングポイント。 會津藩と薩摩藩に御所を固められて、ほとんど暴発したっぽい長州の猛将たちとの間で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花燃ゆ「風になる友」

来た~!!池田屋事変です!! 今回は新選組もばっちり登場。 しかし、残念ながら土方歳三様は登場せず。その代わり、沖田総司くんがずいぶん出張っていました。前回から沖田くんは登場して、久坂玄瑞と京の町で対峙するっていう場面がったのですが。沖田くんはニヒルで、暗めのキャラで登場してました。総司くんの喀血シーンはなかったのですが。賀来賢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TV時代劇「江戸の朝焼け」

沖雅也が美しい~!! 現在BSフジで平日朝9時から放映中の「江戸の朝焼け」。江戸シリーズの一つで1980年に放映されたもの。この時代劇の見所は何と言っても、主役の沖雅也です!! 私の沖雅也のイメージは「太陽にほえろ!」のスコッチ役と、1983年自殺した時の遺書「オヤジ、涅槃で待ってる」の二つで塗り固められていたのですが。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

NHK大河「花燃ゆ」

(今後どうなるかのネタバレあります) 初めの数回は面白くなくて、あ~・・・って思っていました。が、最近、面白くなってきました。そう、私の大好きな高良健吾が演じる高杉晋作が登場してきた頃から。高良健吾さん、高杉晋作役がぴったりですね~。私としては総髪のほうが好みだったのですが。まあ、そのうち、斬バラ髪になりますからね。司馬遼太郎さん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すごいです!「るろうに剣心 京都大火編」

圧倒!満足!でした。 第一作と同様、佐藤健くんは原作から抜け出してきたような剣心ぶり。「おろ」もサマになってます。お話は、大久保利通が暗殺されて、剣心が京都に向かい、志々雄真実と対決することを決意する剣心。しかし、志々雄の腹心、瀬田宗次朗との戦いで逆刃刀が折れてしまい、もう一度幕末に逆刃刀をくれた刀匠、赤空のもとに・・・。そこに東…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

面白いです、「吉原裏同心」

NHKの木曜夜8時の時代劇枠で放映中の「吉原裏同心」。 なかなか面白いです。 原作は佐伯泰英氏の「吉原裏同心」シリーズで、光文社文庫刊。私は原作を読んでいませんが、このシリーズ、なんと20巻も続いているそうで、まだまだ続くようです。 幼なじみで、人の妻となっていた汀女さんを、乱暴な夫のもとから連れ出し、と駆け落ちした神守幹…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

るろうに剣心「京都大火編」予告を見て

まだ映画は8月1日からだというのに、予告を見ただけであまりにも興奮したので書いてしまいます。 映画「相棒Ⅲ」を見に行ったら、るろうに剣心の「京都大火編」の予告が放映されまして、ギャー!!と思わず心の叫びをあげてしまいました。 それほど、ステキだったのでした! 予告は公式サイトのほうでも、既にアップされていますけど、やっぱり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「八重の桜」最終回

「私はあきらめない」 西南戦争が終わった頃から、すっかりご無沙汰してしまったNHK大河「八重の桜」。 しかし、最終回は見ようと。で、見ました。 私の感想は・・・ よかったです・・・。 特に終わり方が。 綾瀬はるか演じる八重さんが、会津にもどって、かって子供の頃登っていた桜の木にまた登ろうとします。八重さんの心…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なかなか面白い!BS時代劇「雲霧仁左衛門」

BSプレミアムで金曜20時、日曜18時45分(再)から放映中。 いわずとしれた池波正太郎さん原作。これまでも多くの大物スターがクモキリを演じてきました。今回は中井貴一さんが演じるということで、えー、あのヒトが~!?って思ったのだど、見てみたら、意外にも(って中井さんに失礼ですが)、意外とぴったりなんです。これまでのクモキリよりも、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八重の桜「西南戦争」

薩摩人 見よや東の丈夫が 提げ佩く太刀の鋭きか鈍きか 久しぶりに見ました、八重の桜。 会津戦争が終わり、土方歳三様が戦死して、川崎尚之助がかわいそうな死に方をして、それ以後、第二章ともいうべき八重の新島襄夫人としてのドラマが展開していたわけですが、どうも、もうあまり興味がわかなくて・・・。しかし、西南戦争となれば、見ない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八重の桜「離縁のわけ」

可哀想すぎるっ!!川崎尚之助さま。 (このブログで尚之助様のことを庄之助と書いていました。大変失礼しました) 今回は、もう尚之助さまがかわいそうで、かわいそうで。 これにつきます・・・。 尚之助様は八重に離縁状を送りつけ、何も言わずに八重と別れます。しかし、これには尚之助様のふか~い八重への愛情があったのです。そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八重の桜「再起への道」

会津戦争が終わり、それから一年後の八重たち。八重たち一家は米沢に身をよせ、八重の夫の庄之助さんは東京に送られました。八重のお兄さんはまだ京都だし。お父さんは戦死してしまいましたし。会津藩の松平容保公は命は助けられましたが代わりに家老がその責を追って切腹。会津藩はお家再興を許されましたが、本当の北の端の三万石の地に追いやられます。会津の人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八重の桜「鶴ヶ城開城」

にっぽん中に言いたいっ! 会津は逆賊じゃねえっ!! この八重たんの叫びがすべてでした、今回は。 とうとう松平容保は降伏を決意します。自分の身はどうなっても会津藩と藩士を救おうと、城を出ようとします。それに対し、八重たんが叫びます。「あれだけ帝にも公方さまにも尽くしてきた会津が逆賊といわれるのは納得いかねえっ!会津の名誉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

意外と面白いNHK時代劇「妻は、くの一」

NHKBS時代劇で放映していたものを、いま地デジで放映中。風野真知雄氏原作本は10巻を超える大ヒットらしいです(続編も出ているらしい)。私は原作を読んでおりません。主役は市川染五郎なのですが、あまり好みの俳優さんではなく。ヒロインは瀧本美織なのですが、彼女もあまり好みではなく。タイトルからして、また「猿飛佐助三世」みたいなトホホな内容で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

胸キュン時代劇 「咲くやこの花」

NHKの土曜枠時代劇で2010年1月~3月に放映された10回シリーズで、大好きでした!しかし途中、4回目から見たので、全部通してみたいとずっと思っていたら、時代劇専門チャンネルで再放送ということで、1回目からしっかり見ております。 舞台は江戸。成海璃子演じる漬物やの娘、おこいちゃんと、平岡祐太演じる訳あり浪人、深堂由良さんの恋の行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八重の桜「包囲網を突破せよ」

前回はあまりにも悲惨で、感想を書こうという気がおきませんでした。今回はまだ少しだけ明るい材料があったので感想書こうと思います。いずれにしろ、新選組の登場は二回連続なし、です。 八重たちは鶴ヶ城に篭城し、八重たんの本領発揮で、鉄砲隊を指揮し、鉄砲ばんばん打ちます。女子が口出すな、といっていた男たちも、八重の見事な指揮ぶりに感服し、八…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八重の桜「白虎隊出陣」

今回は八重たん=綾瀬はるかちゃん、がんばってました!とってもよかったです。久しぶりの力のこもった演技と登場時間。しかし、今回もまた涙、涙。「八重の桜」に最近毎日曜日泣かされております。 迫ってくる官軍に、会津はいよいよ戦闘の準備に入り、籠城戦も視野にいれ、松平容保公も自ら出陣、白虎隊にも出陣の命が下ります。緊張する会津城下。男は城…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八重の桜「二本松少年隊の悲劇」

涙、涙の回でした。 とうとう官軍が東北列藩を攻め、二本松藩は奥羽同盟の義に殉じることを選びます。そしてまだ年若い少年達が戦いの犠牲に・・・。当時は武士の家というのは、子を戦場に送り出すときに母親は泣いたりできなかったようですが。心中やいかに・・・。もう、二本松少年隊は悲劇でしかなくて・・・。そして次はとうとう白虎隊が出陣することに・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八重の桜 「会津を救え!」

腹くくれ~(西郷頼母) いよいよ、会津戦争の一歩手前まで来ました・・・。奥羽同盟で東北の藩は団結して会津藩を救おうとしますが・・・。 今回、綾野剛演じる松平容保の出番は少なかったけど。新選組が割と出てきて嬉しかったです。といっても、哀しい場面なのですが。 土方歳三様と斉藤一は既に会津に来ていて。松平容保と面会し、会津の人達…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「八重の桜」 敗戦の責任

徳川慶喜のイヤさが際立った回でした。前回も書きましたが、この役、小泉孝太郎くんが演じているのですが、いやー、すっごくぴったり。あのハンサムで小賢しい感じが、ぴったり。(注:けなしているのではありません。ほめているのです。小泉くんはこういうキャラの専門俳優になるといいのでは?) 歴史的にみても、鳥羽伏見で会津や友軍が戦っているその最…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

八重の桜 第20回「開戦!鳥羽伏見の戦い」

いよいよ物語は会津の悲劇に入り始めました。 慶応4年の正月、鳥羽伏見で薩長と幕府軍が開戦、戊辰戦争の始まりです。しかし、ここにいたるまで、8月の政変→蛤御門の変→長州都落ち→長州征伐→薩長同盟→倒幕→大政奉還→王政復古→鳥羽伏見の戦い・・・て、時代の流れが恐ろしく速いですよね。これが小説だったら信じられないような急展開。これがリアルっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHK大河「八重の桜」:「蛤御門の変」

今回は池田屋事変と同様、幕末史のハイライトである蛤御門の変でした。いやー、さすが、NHKさんです、戦いのシーンは迫力がありましたねー。予算が豊富なんだなあ。今回、新選組の方々もちらちらっと出てきまして、それなりに満足した回でした。 でも、今回の主役は久坂玄瑞でしょうねえ。演じているのは須賀貴匡さん。迫力ありましたー。蛤御門の変は、…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

歓迎!「江戸を斬る!」再びの再放送

遠山の金さんは偉かった! 若き西郷輝彦と松坂慶子が主演する名作時代劇「江戸を斬る!」シリーズが再びBS-TBSで再放送されています。ウィークデーの夕方6時から。西郷輝彦と松坂慶子の最も美しい頃の、ラブコメ時代劇。すごく好きです。今回、私が見ていなかった初期の頃のシリーズを再々放送で見れるのでうれしい!この「江戸を斬る!」の楽し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHK大河「八重の桜」:「池田屋事件」

新選組の活躍のハイライト、池田屋事件。「八重の桜」でどう描かれるか楽しみにしていました。が・・・。うぉー!!私は怒ってます!! 池田屋事件は新選組の暴発として描かれ、会津藩は新選組を「やりすぎだ」「勝手なまねを」「なんてことをしてくれたんだ」と非難ごうごう。一橋慶喜にいたっては、新選組のせいで長州藩が京に攻めてくる、これは会津の戦だ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHK大河「八重の桜」:「八月の動乱」

新選組の出番が増えてきましたよ~!でも、新選組がどうのこうのという前に、今回のお話はよかった。涙腺崩壊。 今回は会津と薩摩が手を組み、長州と長州派公家を朝廷から追放した八月の政変を、会津側の視点で描いた回でした。私の祖父は会津出身なのでどうしても会津側に肩入れして見てしまうのですが、今回は特にきゅんとなり、思わず泣いてしまいました…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画「人斬り」

「武市半平太は武市半平太、岡田以蔵は岡田以蔵だろう」by坂本竜馬 1969年の作品ですからずいぶん昔の映画です。なにせ、勝新太郎と石原裕次郎が共演してますからね~。CSの日本映画専門チャンネルで年末録画しておいたものを見ました。土佐藩の岡田以蔵を主人公にした映画。もう、その時点でこの映画が悲劇であることはわかるわけです。この以…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ライバルたちの光芒

勝者には悲哀を 敗者には美学を。 BS-TBSで毎週水曜の夜10時から放映中の日本史番組。ライバル二人の生き様を、それぞれのファンが熱く語り、それをライバル奉行の高橋英樹さんがどちらが勝者か、そしてどちらを演じたいか、決断する。そういう番組です。高橋英樹さんが、面白いのです。この方が本当にこの番組自体を楽しんでいるって伝わって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more